解体部品との違い

越谷フェンダーのリノベートパーツは、専門のスタッフが丁寧に手がけているから高品質です。解体部品との違いをご紹介します。

バンパー

小キズ、すりキズ程度のものを部分補修し二液サフェーサーで仕上げております。最終ペーパー処理で新品部品に近い下地になります。P・Pバンパーの素地黒の部分は当社で 完全仕上げをしております。

  • 入念なチェック入念なチェック
  • 取付損傷の修理取付損傷の修理
  • 浅い擦り傷の修理浅い擦り傷の修理

バンパーの詳しい補修工程

ボンネット・フェンダー・ドア等パネル類

軽微な事故で発生したパネル類で一般的に1~2ヶ所の手のひら程度の鈑金箇所があります。最終パテ処理して使用するものです。単独の部品の鈑金作業の為ライト・グリル型紙等で合わせ作業を行っておりますが取付時には若干の鈑金が必要です。

  • フェンダー出荷時のフェンダー
  • フェンダー合わせフェンダーの合わせ
  • ボンネット合わせボンネットの合わせ

ボンネット・フェンダー等の補修工程の詳細

ライト・ランプ類

ユニット・ASSY等のライト類です。レンズの表面のキズを除去し、クリーニング掛け後、再コーティングを施したものです。取り付け部分の小破損は修理しておりますのでそのまま手をかけずに使用できます。

  • エルグランド出荷時のヘッドライト
  • ライト修理ライト補修作業
  • レンズ磨きレンズ磨き作業

ライト補修工程はこちら ライトクリーニングはこちら

グリル

表面メッキ部分には若干のキズが残ったものですが、裏面の取り付け部分の小破損は修理しております。

  • マークX出荷時のグリル
     
  • グリルの修理型直し:コテライザーで
    正しい形に整形
  • 裏面の小破損プラリペアにて本体と
    密着させる

グリル補修工程はこちら