ご注文ガイド

リノベートパーツをお求めの場合は、「ご注文ガイド」を一度お読みになった上でご注文ください。

ご注文方法

まず探している部品の基本情報として、車検表にある以下の情報が必要です。

  • 車名
  • 型式
  • 初年度登録年月
  • 型式指定番号(5桁)
  • 類別区分番号(3桁)
  • 車体番号
  • グレード
  • カラー番号

さらに現車の特別仕様情報(ディーラーオプションなど)が必要になります。

例えば・・・

バンパーの場合 フェンダーの場合
  • アンダースポイラー装着の有無
  • コーナーポールの穴の有無
  • コーナーセンサーの穴の有無
  • レーダークルーズの穴の有無
  • ライトウォッシーの穴の有無
  • サイドステップ装着の有無
  • オーバーフェンダー装着の有無
  • アンダーミラー装着の有無
  • ターンランプの有無
  • サイドパネル装着の有無

etc…

これらの情報をご用意頂いた上で、注文フォームまたはFAX(専用用紙にて)でお求めになるパーツを記入の上、お問合わせ下さい。

商品ご到着時のお願い

お客様の元に商品が到着しましたら下記の点をご確認お願いします。

1:梱包ダンボール材からの一部分が、特に不自然な破損をしていた場合お手数ですが運送会社が帰る前に運送会社立会いのもと検品をお願いします。

2:部品に運送中の事故で破損したと思われるダメージがあった場合は、その場で御一報下さい。
a.手直しで使用できる程度の場合・・・商品の値引き処理で解決させていただきます。
b.使い物にならないもの・・・至急、代替品の手配をさせていただきます。
(当社に在庫の無い場合、全国ネットで検索してお探ししますが万が一、代替品が見つからない場合はご容赦ください)

3:届けられた部品が現車に合っているかご確認ください。

商品ご使用時のお願い

下記の点に注意して使っていただくことにより、当社リノベートパーツを有効にご利用下さい。

1:ボンネット・フェンダー・ドア・トランク等のパネル類
・必ず現車部品とつき合わせて、穴の有無・位置をご確認下さい。
・パーツの下地処理をする前に修理車輌に仮付けして部品の形状を確認して下さい。

2:ウレタンバンパー、PPバンパーのサフェンサー塗装について
・サフェンサー塗装は、関ペ327-780、JUST H-Sフィラー・Aベースを使用しております。
・素地部の塗装はソーラープライマー(ソーラー)と塗布し乾燥したらサフェンサー塗装をしております。
・仕上工程で外国製塗料と使用する場合など、一部ボディーショップ様にはサフェンサーを塗布せずに出荷しておりますので、フロントにお話し下さい。

3:鈑金個所の使用材料
・サフェンサー塗装はユニオンペイント38-01リムコ プラサフ(一液型)
・パテは、素材に応じて下記のものを使用しております。

鉄の場合 アルミの場合
  • 硬化剤 F-10
  • ソーラーの極み 120
  • 硬化剤 F-10
  • ソーラーのマジックパテ 930

ご返品について

お客様の都合により返品がある場合は、梱包代金の一部と送料の実費代金をご請求させていただきます。
返品時の送料は元払いでお願いします。
混載で出荷したものに関しては、返品時の運送代金が貴社のご負担になります。

クレームによる塗装代請求・新品代替請求はすべてお断りしています

当社では、形状違い、補修個所の手直し等によるクレームに対して、お客様からの塗装代請求・新品代替請求はすべてお断りしています。
下記の点をお守り頂き、リノベートパーツを有効にご利用して頂ける事を願っております。

  • 入庫と同時に現車部品とつき合わせ、同一部品かどうかご確認ください。
  • パーツの下地処理、塗装を行う前に、修理車輌に仮付けをして部品の「おさまり」をご確認下さい。

その他

プライバシー保護の着信不通処理のご理解とお願い

当社の受注システムは、登録されたお客様からの着信があると同時にコンピュータ画面に、お客様名・電話番号・顧客コードが表示され即座にどちらのお客様かを特定できる仕組みになっております。

当社に登録された電話(携帯電話も含む)番号であれば、ストレートに部品発注が出来るメリットがあります。また、着信履歴からも番号が調べられますので、必ず連絡が取れます。

用語説明

品質基準とは・・・

当社が永年のパーツ販売を経て、培った技術力が結集されたリノベートパーツの中で、もっとも顧客ニーズに近い商品郡を品質基準商品と定義しております。
当然、品質基準は日々進化しているもので、お客様からの評価・苦情・クレームなどの意見を参考に部品毎に決定しております。入庫時の検品作業もこれらの品質基準に合わせて、登録作業を行っております。

品質基準外とは・・・

上記品質基準から外れた商品群は、基本的にはスクラップとして廃棄処分になりますが、下記条件の下で『条件付き販売』の形態をとって、品質基準内の通常商品よりも安く設定されて販売されているものを『品質基準外商品』と呼びます。機能的には何の問題もなく、お客様の方で現車に合わせて少し手間がかかる補修作業を必要とするか、補修しきれないキズが残ることもありますが、十分採算が合うアイテム類を厳選しています。

1:部分的に品質基準に満たない欠損・キズ・汚れが部分的に残る商品
・ライトレンズ面に残るキズ・リフレクターの一部汚れ、メッキグリルなどにある1~2ヶ所のキズ

2:入庫が少ないが注文の多い品薄商品のアイテム郡
・スポーツタイプの人気車種の部品

3:純正価格が高価のため、補修手間をかけても十分採算が合う商品
・エアロパーツ系の人気車種の部品

格安商品とは・・・

新車時の軽微な事故で新品交換されて発生した外装パーツを全国から集め、車種別に分類保管し販売活動がスタートします。その新車が使用済み車両として解体事業者に渡るまでの8年間ぐらいがリノベートパーツの需要が集まる期間です。

この時期を過ぎた商品アイテムによっては『在庫売りきり』などのキャンペーンをして格安商品の販売が始まります。

『限定数量・高年式パーツの大放出』とは・・・

商品の元になる『コア』の仕入れは、新車が発売されると同時に始まりますが、当初は見込み入庫でスタートしますので、すぐに大量な在庫量に達してしまうアイテムもあります。その後は在庫と出荷のバランスを考えて仕入れに入りますが、販売促進を図らないと在庫スペースの問題から仕入れをストップする事にもなるのでパーツアイテムによっては、早い時期から『限定数量・高年式パーツの大放出』といったキャンペーンを張って販売の促進を図ります。