グリル補修

  1. 補修箇所

    補修箇所

    補修により十分な強度が得られることを確認する。

  2. 型直し

    型直し

    コテライザーにて正しい形に整形する。

  3. 下地ごしらえ

    下地ごしらえ

    素材との密着性を高める為に600番のペーパーを掛ける。

  4. 仮留め

    仮留め

    位置を正確に復元する為にアロンアルファにて仮留めをする。

  5. 本付け(1)

    本付け(1)

    プラリペアにて本体と密着させる

  6. 本付け(2)

    本付け(2)

    十分な強度を維持するためにプラリペアで両面から補強する。

  7. サフェサー吹き

    サフェサー吹き

    塗装下地ごしらえの後、サフェサー吹き。

  8. 色合わせ塗装

    色合わせ塗装

    素材の色に合わせて補修箇所を塗装。

リノベートパーツができるまで

取扱い商品をご紹介しております。厳しい審査基準をクリアしたパーツをスピーディーにお届けします。

  • バンパー補修
  • バンパー特殊補修
  • ライト補修
  • ライトクリーニング
  • バラストの組み付け
  • グリル補修
  • 鈑金作業
  • 梱包作業