自損事故の背景

昨年の話になりますが・・スキーシーズン幕開けを目前にして、体力強化の目的でベースにしている奥日光周辺で山歩きをしていました。

すこし早めの下山であったので、奥日光のビジターセンターにより樹木の名前を調べに寄ったところ、相談したセンターの職員と話が弾み、辺りが薄暗くなるまで話しこんでしまった・・。

外に出ると冷え込みが一段とましてきていた。これから向かう宿の広い湯船を思い浮かべながら・・センターの駐車場から、あわただしく車を道路に移動した・・・ピーピーピーとバックオーライの音は確認していたのであったが・・ピィピィピィ、ピィピィピィ、ピィピィピィという音に・・いつもよりピーピーピーが騒がしいな~と感じていた直後に、バーンという破壊音と同時に背後から衝撃を受けた!!! あれ~なんで・・・ここに電柱があるの?emoji473.gif

・・私の脳は、車が警告音を発しているのもかかわらず、その音を警告音と認知できずにそのままバックをして事故を起こした事実であるb-gaaan.gif。これにはガックリである。

・・まだまだこれからと思っていた矢先に、脳の反応の鈍さ!これぞ老化が進んでいる証拠なんだ!! と思えば思うほどに気持ちの落ち込みが大きく、いっきに運転に自信を無くしてしまった・・。

この事故の修理代は車両保険で支払いました。修理代461.000円+レンタカー代164.000円締めて625.000円でした・・。

投稿者:renovate

2016年2月に投稿した越谷フェンダーの記事一覧

トラックバックURL