リサイクル部品販売の行方

リサイクルパーツを積極的に活用しているボデーショップ様は、全国の解体事業者がネットワークを組む中古部品検索システムを利用している地元の業者に依頼してリサイクルパーツを探してもらうのが一般的でしたが・・

Yahooオークションや楽天市場などのネット上で・・出品されているリサイクルパーツが安い!! との評判が立ち、売れるなら少々安くても・・という業者も出品に動き、今では業界以上の出品点数を公開するまでに成長した・・。

こうした背景のもとで・・買手であるボデーショップ様は、ネットで配信されている商品画像を見比べて、商品の良し悪しの程度を自身の技量から判断、品質と価格のバランスが取れた部品を探し出すような自立した調達方法に目覚め始めました・・。

・・お客様から事故車の修復を保険修理でなく実費修理で依頼をを受けたボデーショップ様は、インターネット上で安くて程度のよい部品を探し当て、安価な修理費で事故車の修復ができるように自助努力が始まったのです・・。

・・ネット上でリサイクル部品を販売するとサイト運営会社に5%の手数料を販売側が支払うことになりますが・・しっかりした情報さえ配信しておけば販売につながるネット販売システムは、売手・買手の双方のニーズが合致しているので、まだまだ売上を伸ばして行くものと予想しています・・。

 

 

 

 

投稿者:renovate

2015年4月に投稿した越谷フェンダーの記事一覧

トラックバックURL