2010/4/9 (金)

ポケット詩集 Ⅲ  童話屋

Filed under: ホッとする詩, — hayakawa @ 17:02:29

h2246-5.jpg題:  父に    江國 香織

 

病院という

白い四角いとうふみたいな場所で

あなたのいのちがすこしづつ削られていくあいだ

わたしはおとこの腕の中にいました

 

たとえばあなたの湯呑みはここにあるのに

あなたはどこにもいないのですね

 

むかし

母がうっかり茶碗を割ると

あなたはきびしい顔で私に

かなしんではいけない

と 言いましたね

かたちあるものはいつか壊れるのだからと

かなしめば ママを責めることになるからと

あなたの唐突な

-そして永遠の--

不在を

かなしめば それはあなたを責めることになるのでしょうか

 

あの日

病院のベッドで

もう疲れたよ

と言ったあなたに

ほんとうは

じゃあもう死んでもいいよ

言ってあげたかった

言えなかったけど。

そのすこしまえ

煙草をすいたいと言ったあなたにも

ほんとうは

じゃあもうすっちゃいなよ

言ってあげたかった

きっともうじき死しんじゃうんだから

と。

言えなかったけど。

 

ごめんね

さようなら、

私も、じきにいきます。

いまじゃないけど。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

現在、コメントフォームは閉鎖中です。