2010/3/24 (水)

一遍の詩がぼくにくれたやさしい時間  水内 喜久雄 編著

Filed under: ホッとする詩, — hayakawa @ 15:03:21

h22324-1.jpg題:  地上で     草野 信子

 

帰ってきた日の夜

男は二度ベットから転がりおちた

それまでの八日間

無重力の中で眠っていたから

 

宇宙飛行士の妻が語った

その話が好きだ

宇宙から見る地球に国境線はなかったと

男が語った話よりも

 

地上に生み落とされた

小さないきものは

重力に繋がれて だからこそ

やさしく交わることができることを

そっと思い出させてくれた

 

雨の音が聞こえる

遠い夜の林でブナの実が落下している

そしていま

わたしのうえに重なるひとの

やわらかな重量

 

宇宙飛行士の妻が語った話が好きだ

闇に向かって

わたしに目を見開かせるのは

(人間には国境がない)

美しい観念ではなく

わたしの胸を受けとめる胸

その奥の鼓動だ

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

現在、コメントフォームは閉鎖中です。