2010/3/19 (金)

くどう なおこ詩集   NO2

Filed under: ホッとする詩, — hayakawa @ 11:47:08

題: てつがくのライオン

 

ライオンは「てつがく」が気に入っている。

かたつむりが、ライオンというのは獣の王で哲学的な様子をしているものだと教えてくれたからだ。

きょうのライオンは「てつがくてき」になろうと思った。

哲学というのは坐りかたから工夫した方がよいと思われるので,尾を右にまるめて腹ばいに坐り、前肢を重ねてそろえた。

首をのばし、右斜め上をむいた。尾が右で顔が左をむいたら、でれりとしてしまう。

 

ライオンが顔をむけた先に、草原が続き、木が一本はえていた。 ライオンは、その木の梢をみつめた。

梢の葉は風に吹かれてゆれた。

ライオンのたてがみも、ときどきゆれた。(だれか来てくれるといいな。「なにしているの?」と聞いたら「てつがくしているの」って答えるんだ)

ライオンは、横目で、だれか来るのを見はりながらじっとしていたが誰も来なかった。

 

日が暮れた。 ライオンは肩がこってお腹がすいた。(てつがくは肩がこるな。お腹がすくと、てつがくはだめだな)

きょうは「てつがく」はおわりにして、かたつむりのところへ行こうと思った。

 

「やあ、かたつむり。ぼくはきょう、てつがくだった」

「やあ、ライオン。それはよかった。で、どんなだった?」

「うん。こんだった」

ライオンは、てつがくをやった時のようすをしてみせた。

さっきと同じように首をのばして右斜め上をみると、そこには夕焼けの空があった。

「あゝ、なんていいんだろう。ライオン、あんたの哲学は、とっても美しくとっても立派」

「そう?・・とても・・何だって? もういちど云ってくれない?」

「うん。とっても美しくて、とっても立派」

「そう、ぼくのてつがくは、とっても美しくてとっても立派なの? ありがとうかたつむり」

 

ライオンは肩こりもお腹すきも忘れて、じっとてつがくになっていた。 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

現在、コメントフォームは閉鎖中です。