2010/3/18 (木)

詩の中の風景  石垣りん 著

Filed under: ホッとする詩, — hayakawa @ 10:19:46

h22318-3.jpg題: 夕焼け  吉野 弘

いつのことだが 電車は満員だった。

そして いつものことだが

若者と娘が腰をおろし としよりが立っていた。

うつむいていた娘が立って としよりに席をゆずった。

そそくさととしよりが座った。

礼も言わずにとしよりは次の駅で降りた。 

娘は座った。

別のとしよりが娘の前に 横あいから押されてきた。

娘はうつむいた。 しかし 又立って 席を そのとしよりにゆずった。

としよりは次の駅で礼を言って降りた。 

娘は座った。

二度あることは と言う通り 別のとしよりが娘の前に 押し出された。

娘はうつむいて そして今度は席を立たなかった。

次の駅も 次の駅も

下唇をギュッと噛んで 身体をこわばらせてー。

僕は電車を降りた。

固くなってうつむいて 娘はどこまで行ったろう。

やさしい心の持ち主は いつでもどこでも われにもあらず受難者となる。

何故って やさしい心の持ち主は

他人のつらさを自分のつらさのように

感じるから。

やさしい心に責められながら

娘はどこまでゆけるだろう。

下唇を噛んで

つらい気持で

美しい夕焼けも見ないで。

 

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

現在、コメントフォームは閉鎖中です。